卵巣嚢腫 妊娠

卵巣嚢腫、嚢胞で妊娠できる?|私が妊娠した時の話

卵巣嚢腫は妊娠に関係あるかについて記しています。

卵巣嚢腫とはどんな病気か?

女性の生殖器官には2つの卵巣があります。

この卵巣は妊娠に必要な卵子を排出するだけでなく、女性ホルモンの分泌も行っているため非常に重要な臓器です。

この卵巣に良性の腫瘍ができてしまうことがあります。

これを卵巣嚢腫と言います。

腫瘍は体内の他の箇所にできると摘出手術を行わなければいけませんが、卵巣に出来る腫瘍は良性である卵巣嚢腫と悪性の疑いがある充実性腫瘍の2つに分かれます。

そのうち卵巣嚢腫が卵巣内の腫瘍の8割を占めるため、ほとんどが良性と考えてもよいでしょう。

卵巣嚢腫はどのような液体によって腫れるかで名前が違います。

サラサラした漿液が原因の場合は漿液性嚢腫、多少粘り気がある粘液が原因の場合は粘液性嚢腫、また骨や髪の毛が原因で大きくなってしまう皮様嚢腫があります。

皮様嚢腫はなぜ髪の毛や骨が入っているのかと言うと、それらをつくる細胞が勝手に増殖してしまったことが挙げられます。

卵巣嚢腫の発見方法について

卵巣嚢腫はあまり自覚症状がないのが特徴です。

卵巣嚢腫が10センチほど大きくなると腹が大きくなったり、しこりができることで初めて気づきます。

その他に産婦人科で妊娠のために超音波検査を受けた時に偶然的に発見されることがあります。

それ以外にも腹部に激痛が走る茎捻転で緊急搬送される時に気づくこともあります。

ですから、自分で意識して早期に発見することが非常に難しいんですね。

卵巣嚢腫があまりにも大きくなってしまうと、手術によって摘出しなければなりません。

手術も卵巣まるごと摘出してしまう手術と問題箇所だけ切り取る手術があります。

いずれも大掛かりであるため入院が必要です。

卵巣嚢腫の発見方法について

卵巣嚢腫は上記の説明のように発見が難しいうえに治療には手術を受けなければなりません。

妊娠中に状態が悪化してしまうとせっかく赤ちゃんができたのに流産してしまう可能性があります。

ですから、なるべくなら早く見つけたいと思いますよね。

早期発見のためには10代のうちから婦人科検診を積極的に受けましょう。

実は卵巣嚢腫は10代、20代の女性がかかりやすい病気なんですね。

そのため定期的に産婦人科で超音波検査を受けて早期発見や予防に努めましょう。

超音波検査は腹部に直接検査器を挿入する経膣超音波検査と腹部に検査器をあてる経腹超音波検査の2つに分かれます。

いずれも卵巣嚢腫を発見することができます。

このように若いうちから検査を受けることで、今後の健康を維持することができます。

元気な赤ちゃんを産みたいのであれば、検査をしっかり受けましょう。

卵巣嚢腫 卵巣嚢胞、卵巣嚢腫 卵巣嚢胞、卵巣嚢腫 卵巣嚢胞